Android PHP デザインまとめ

android php を使ったプログラム等の書き方 phpで取得する

2013年11月

【Redmine】Redmine2.4のインストール

CentOS6.3へRedmineの設定

【Cコンパイラ・ヘッダファイル、ImageMagickなどの設定】
・Cコンパイラ
-----
# yum groupinstall "Development Tools"
-----
・Rubyに必要なヘッダファイル
yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

・Mysqlのインストール
-----
# yum install mysql-server mysql-devel
-----

・ImageMagickと日本語フォントインストール
-----
# yum install ImageMagick ImageMagick-devel
# yum install ipa-pgothic-fonts
-----

・SELinux無効にする
-----
# vi /etc/sysconfig/selinux
-----
SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled

【rubyインストール】
・/tmpに保存
-----
# cd /tmp
# wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p353.tar.gz
-----

・解凍 環境設定 インストール
-----
# tar zxvf ruby-2.0.0-p353.tar.gz
# cd ruby-2.0.0-p353
# ./configure --disable-install-doc
# make
# make install
-----

・ Rubyインストールの確認をする
-----
# ruby -v
-----

・bundlerインストール
-----
# gem install bundler --no-rdoc --no-ri
-----

【Mysqlの設定】
-----
# vi /etc/my.cnf

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

character-set-server=utf8

# 任意設定
innodb_file_per_table
query-cache-size=16M

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

[mysql]
default-character-set=utf8
-----

・Mysqlを起動
-----
# service mysqld restart
-----

・utf8の環境の確認
-----
# mysql -uroot
mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       |
| character_set_connection | utf8                       |
| character_set_database   | utf8                       |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8                       |
| character_set_server     | utf8                       |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

mysql> exit
-----

・rootユーザのパスワード変更
※*****は任意のパスワードを入力
-----
# mysql -uroot
mysql> use mysql;
mysql> update user set password=password('*****') where user = 'root';
mysql> delete from user where = '';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;
-----

・Redmineのユーザ作成/データベース作成
※*****は任意のパスワードを入力
-----
# mysql -uroot -p
mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by '*****';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;
-----

【Redmineインストール】
・tmpにダウンロード
# cd /tmp

・Subversionリポジトリからチェックアウト

# svn checkout http://svn.redmine.org/redmine/branches/2.4-stable redmine


・解凍
# tar zxvf redmine-2.4.1.tar.gz

・URLで確認できるようにhttp.confで、/var/lib/redmine移動する
# mv redmine-2.4.1 /var/lib/redmine

・データべースの接続設定
# cd /var/lib/redmine/config
# vi database.yml
※*****は上記のmysqlで設定したパスワード
config/database.yml.example(サンプル)
-----
production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: *****
  encoding: utf8
-----

・設定ファイルの作成
# vi configuration.yml
-----
production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: 'example.com'

  rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf
-----

・Gemパッケージのインストール
# bundle install --without development test

・Redmineの初期設定 テーブル作成
# bundle exec rake generate_secret_token
# cd ..
# RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate


※)初期テーブルが作成されない場合
以下の処理を行ってください
対応1
# gem install passenger

# cd ./ruby-1.8.7-p249/ext/openssl/
# ruby extconf.rb
# make
# make install

対応2
# yum install curl-devel
# passenger-install-apache2-module

----------
下記のようなエラーなら対応3をしてみてください。
Access denied for user 'user_redmine'@'localhost' (using password: YES)
/var/lib/redmine/app/models/issue_relation.rb:73:in `'
/var/lib/redmine/app/models/issue_relation.rb:18:in `'
/var/lib/redmine/lib/redmine/helpers/gantt.rb:28:in `'
/var/lib/redmine/lib/redmine/helpers/gantt.rb:21:in `'
/var/lib/redmine/lib/redmine/helpers/gantt.rb:19:in `'
/var/lib/redmine/lib/redmine/helpers/gantt.rb:18:in `'
/var/lib/redmine/lib/redmine.rb:51:in `'
/var/lib/redmine/config/initializers/30-redmine.rb:4:in `'
/var/lib/redmine/config/environment.rb:14:in `'
Tasks: TOP => db:migrate => environment
(See full trace by running task with --trace)
----------

対応3 user_redmineは、自分で登録したredmineユーザになります。
mysql> UPDATE user SET Host = 'localhost' WHERE User = 'user_redmine';
mysql> flush privileges;



【Passengerインストール】
# gem install passenger --no-rdoc --no-ri

・PassengerのApache用モジュールのインストール
# passenger-install-apache2-module
# passenger-install-apache2-module --snippet
# service httpd restart

※httpd や httpd-devel のインストールがされていなければ再度インストールを行う必要がある
------
# yum install -y httpd httpd-devel
# gem i passenger --no-rdoc --no-ri
# passenger-install-apache2-module
# service httpd restart
------


【Apacheの設定】
# vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
------
# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の3行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-4.0.25/buildout/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-4.0.25
PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# 必要に応じてPassengerのチューニングのための設定を追加(任意)。
# 詳しくはPhusion Passenger users guide(http://www.modrails.com/documentation/Users%20guide%20Apache.html)をご覧ください。
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
PassengerSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0
------

# service httpd restart

ApacheのDocumentRootの設定
# chown -R apache:apache /var/lib/redmine
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
-----
DocumentRoot "/var/lib/redmine/public"
-----
# service httpd restart


細かな設定などは、Redmine.JP Blogを確認

にほんブログ村 IT技術ブログ 在宅プログラマーへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

【cakephp】CakePHPのインストール

CentOSにCakephpのインストールを行います。

CentOS6.4でのインストール設定を記載します。
・PHPをインストール
・MySQLをインストール
・Cakephpをインストール

PHPをインストールします
-----
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -Uvh *-release*rpm
# cat /etc/yum.repos.d/remi.repo
# yum install php*

# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# yum install php55*
-----

-----
# chkconfig --list httpd
# service httpd start
-----

確認
# php -v

MySQLをインストールします
# yum -y install mysql-server
# yum -y install mysql
# yum -y install mysql-devel

-----
# chkconfig --list mysqld
# service mysqld status
# service mysqld start
-----

確認
# mysql --version

自動起動(http mysql)
-----
# sudo chkconfig httpd on
# sudo chkconfig mysqld on

# sudo service httpd restart
# sudo service mysqld restart
-----

【Cakephp】Cakephpをインストールします
-----
# cd /tmp
# wget https://github.com/cakephp/cakephp/archive/2.3.10.zip -P /tmp
# cd /var/www
# unzip /tmp/2.3.10
# mv cakephp-2.3.10 testtesttest
# cd testtesttest/
# chmod -R 777 app/tmp/
-----

【Cakephp】core.phpを設定します
-----
# vi app/Config/core.php
-----
[core.php]
        Configure::write('Security.salt', '4e32f4842a05b510ecd7c910f1e390685c4e5756');
        Configure::write('Security.cipherSeed', '277918153226877129140871998385');

コマンドプロンプトでランダムデータを作成します
[Security.salt]
-----
# php -r '$num = ""; for($i=0;$i<10;++$i){$num .= rand(100,999);} echo sha1($num) . "\n";'
-----

[Security.cipherSeed]
-----
# php -r '$num = ""; for($i=0;$i<10;++$i){$num .= rand(100,999);} echo $num . "\n";'
-----

【Cakephp】CakePHP のバージョン確認
-----
# tail -1 lib/Cake/VERSION.txt
-----

【Cakephp】CakePHPのDebugKitを設定
-----
# wget https://github.com/cakephp/debug_kit/archive/master.zip -P /tmp
# cd app/Plugin
# unzip /tmp/master
# mv debug_kit-master/ debug_kit
# cd ..
# vi app/Config/bootstrap.php
# (末尾に以下を追加)
  CakePlugin::load('DebugKit');
# vi app/Controller/AppController.php
# (クラスの中に2行追加)
class AppController extends Controller {
    public  $components = array('DebugKit.Toolbar');
}
-----

databaseの設定を行う
# cd /var/www/html/cakephptest/
# vi app/config/database.php
------
        public $default = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => 'localhost',
                'login' => 'testtesttest_user',
                'password' => 'testtesttest_pass',
                'database' => 'testtesttest_db',
                'prefix' => '',
                //'encoding' => 'utf8',
        );
------

【MySQL】
Mysql接続
mysql -u root -p

テーブル作成
create database testtesttest_db;

権限設定
grant all on testtesttest_db.* to 'testtesttest_user'@'localhost' identified by 'testtesttest_pass';


DebugKit設定について 本番リリースへの変更
# vi app/Config/core.php
debug を 0 に設定する

例) http://192.168.2.111/
※エラーメッセージが出る場合
Error: The requested address '' was not found on this server.

【原因】
・トップページにアクセスしたページのファイルがない為
・app/config/core.php  Debug.level を 1 に設定(とりあえず)

【対策】
・トップページのコントローラー設定をする
※TopPageを表示する
「/app/config/routes.php」を編集
元)
Router::connect('/', array('controller' => 'pages', 'action' => 'display', 'home'));
変更後)
Router::connect('/', array('controller' => 'TopPage', 'action' => 'index'));


にほんブログ村 IT技術ブログ 在宅プログラマーへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

【VMWare Player】VMware player CentOSへ、ローカルエリア接続されている外部PCから接続する

ネットワーク構成
[PC1]
ホストOS Windows7
ゲストOS CentOS6.3
ゲストOS CentOS6.4

ルータ 

[PC2]
Windows7

VMware player に、CentOS6.3、CentOS6.4をインストール

ローカルエリア接続を確認(ホストOS Windows7)
コマンドプロンプトで、
---------
ipconfig
---------
イーサネット アダプター ローカルエリア接続
IPアドレス   :192.168.2.100
サブネットマスク:255.255.255.0
ゲートウェイ  :192.168.2.1

ipaddress 手動設定をする
---------
IPアドレス   :192.168.2.111
サブネットマスク:255.255.255.0
ゲートウェイ  :192.168.2.1
---------
※IPアドレスは、使われていないIPアドレスを設定

iptables ポート解放する
80port解放
---------
vi /etc/sysconfig/iptables
---------
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

仮想マシン設定
---------
左上[Player]⇒[管理]⇒[仮想マシン設定]⇒[ネットワークアダプタ]

右画面[ネットワーク接続]
ブリッジ:物理ネットワークに直接接続 ・・・ チェックする
---------

URLで確認
http://192.168.2.111/

にほんブログ村 IT技術ブログ 在宅プログラマーへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

【VMWare Player】仮想ネットワークエディタ

vmnetcfg.exeで起動が可能

VMWare Playerでは入っていない為、
VMWare Workstationをダウンロードし、解凍した中に含まれてます
http://www.vmware.com/jp/products/workstation/workstation-evaluation


コマンドプロンプト 管理者権限で実行
※コマンドプロンプトで、右クリック 「管理者として実行」
-----
cd c:\\Program Files (x86)\VMware\VMware Player

rundll32.exe vmnetui.dll VMNetUI_ShowStandalone
-----
にほんブログ村 IT技術ブログ 在宅プログラマーへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
スポンサードリンク









にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ